Kota Gede

コタグデ

コタグデは、かつて16世紀後半から17世紀前半まで栄えたマタラム王国の首都。
ジョグジャカルタに遷都するまでは、ここが都でした。
古い町ということもあり、細い路地があって、街歩き好きの方にはおススメ。
自転車レンタルして、インスタ映えを探しながら、町を散策するのもアリ。

ジョグジャカルタで一番古い1640年に建てられたモスク(Mesjid Agung Kota Gede)があります。
モスクといえば、玉ねぎ型の丸屋根をイメージしますが、ここのモスクは、ジャワのリマサンとよばれる木造伝統建築の形をしています。

すぐ近くにある王家のお墓(Makam Raja Raja Kotagede)は、日、月、木の8:00~16:00まで見学可能。
イモギリ陵墓同様、ジャワの伝統衣装に着替える必要有り。(貸出あり)。

この街は、銀細工が有名で、大通りには製作過程を見学できる工房や店が多く立ち並び、観光客が多く訪れます。 シルバー細工体験などもあり。

お土産で有名なMonggo Chocolateの本店もコタグデにあります。