Taman Sari

水の宮殿

Taman Sariはインドネシア語で「花園」の意味。
タマンサリは、マタラム王国のハメンクブウォノ1世によって建てられた離宮。
王に仕える女性たちが、ここで水浴びをした。
その様子を塔の3階の窓から眺め、その晩過ごす女性を選んだという。
また、このタマンサリには、王宮につながる2階建ての地下通路がある。
現在も一部、見学できるようになっている。
この界隈を散歩するだけでも、この周辺の日常生活が垣間見れてとても楽しい。

水の宮殿

Tamansari

入場料:Rp15,000
開館時間:9:00~15:00(毎日)