マリオボロ通り Jalan Malioboro

ジョグジャカルタで一番賑やかな通り:マリオボロ

概要

ジョグジャカルタ市内中心の目抜き通り。
通りの左右にバティッ店や商業施設などが立ち並ぶジョグジャカルタで一番有名な通りです。
北側にはショッピングモールの「Plaza Malioboro」、南側にはブリンハルジョ市場やお土産屋で有名な「Hamzah Batik」(ハムザ バティック)があります。
道の真ん中あたり西側にはお化け屋敷「Rumah Hantu Malioboro」も。

かつてバイク駐車や露天商で歩きにくかった通りは、きれいに整備され、たくさんのベンチが置かれ、ウィンドウショッピングがし易くなりました。
露天商たちは、北側と南側の2か所「Teras Malioboro」という名の商業施設に集められ、新たなスポットとなっています。

涼しくなる時間帯、日が暮れる夕方から夜に散策するのがおすすめです。
毎日午後18:00からはバイク、車の通行禁止となります。
週末、連休時期は周辺の道は大混雑するので、余裕をもったスケジュールで。

SELASA WAGE スラサ・ワゲ

35日周期のジャワ暦カレンダーのSelasa Wageの日は、日々の清掃とは別に、午前中お店を閉めて、地元住民や関係者たち皆で通りを清掃活動をします。
日が暮れたころからは、マリオボロ通りの各地で伝統芸能やライブショーなどのイベントが開催されます。

 

名前の由来

「マリオボロ」の名前の由来は諸説あります。
サンスクリット語の”malyabhara”=「花輪で飾られた道」から来ているという説、
ジャワ語の”maliyo”=「守護者になる」と”bara”=「旅、放浪」の造語という説など。